一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.12.31 Saturday
  • -
  • -
  • 740
  • by スポンサードリンク

そして5月。
私:10連休 夫:10連勤 そんな感じだった今年のゴールデンウィーク。
単身2泊3日で行ってきた大阪は毎年の行事で、さして変わったこともしていないので写真も撮らず。
まぁほぼこんな感じ
ですわ。(どんだけ手抜きやねん...)

で、翌週。
ようやく休みが取れた(といっても普通に土日を休んだだけなんだけど!)夫と出かけたのが、那須の二期倶楽部。
これまでお値段以上♪ニ○リ♪的な宿に泊まることがほとんどだった、小市民な私達夫婦。
しかし最近は休みもろくに取れず、トシのせいもあり!?1泊旅行にしか行けないなら、せめて居心地の良い空間と美味しい食事を!と思うように。
今回は特に、給付金も出たしね!と奮発してみました♪

降ったりやんだり、雨の中の長ーいドライブを終え、敷地内の駐車場に車を泊めると、スタッフの方が傘を持って車まで迎えに来てくれました。
レセプションでハーブティをいただきつつチェックインを済ませ、東館のゲストルームへ。
シンプルながら、居心地の良いつくりのお部屋です。




少し休んだ後、このためにここに来たと言っても過言ではない!ディナーへ♪♪
どれも美しく、素晴らしかったのですが、特にこの一皿!→
梅山豚のバルサミコソース!いやもう、これはね...!!!
美味しい♪とか、そういう表現では申し訳ないくらい。
想像を超えた美味しさでした。




食後、スパで温泉につかり、お部屋でDVDを鑑賞し、心地よく就寝。
そして翌日。こちらは朝食のオムレツ。美しい♪
朝食は目移りしてしょうがないほどのパンやフルーツやサラダが並び、
どれをいただこうか嬉しい悲鳴♪
食後の運動に敷地内を散歩し、最後にまた温泉につかってチェックアウト。
良い休日になりました。
また来たいです!




実は那須には2年前にも1度来ております。
郡山のハルスウィートさんを訪ねた時に、那須までのドライブに連れて行ってもらいました♪
SHOZOさんのお店めぐりをしたり、道の駅でのんびりしたり、郡山に戻って美味しいイタリアンをいただいたり(生ポルチーニのパスタ!美味しかった!!!)、レトロな喫茶で深夜までしゃべり倒したり(笑)。
そして翌朝、ル・ヴェルジェ(こういうお店、近くに欲しい!)というお店でフルーツたっぷりの美味しい朝食を食べた後、バスで仙台へ。
仙台では友人たちと、安い!!旨い!!!お鮨に舌鼓を打ったり・・・
かなり充実した、楽しい小旅行だったのですが、千葉に戻った2日後くらいに母から「入院するから手伝いに来て〜」という連絡があり、すっかりブログUPしそびれておりました。
那須(じゃないのもあるけど)つながりということで、覚書きとして、ここに写真をUPさせていただきます♪








忘れた頃にこんにちは!
びっくりするほど更新をサボり倒しておりますが、一応おでかけブログなので、
ここ数ヶ月の旅の記録だけは簡単に残しておこうと、重い腰を上げてみました。

1月後半、お正月に休めなかった夫と葉山への1泊旅行。
ドライブのBGMはもちろん!
稲村ジェーンのサンドラ盤だったりする(←ミーハー!)
中華街の山東で水餃子をいただいた後、向かったのは油壺マリンパーク。
今どきの水族館とは違う、レトロ(?)な雰囲気。
そしてこの立地で水族館の駐車場が有料ってどうよ!?
とは思いましたが、イワトビペンギン好きにはたまらない、
沢山のペンギンさんたちと、その見事なチームワーク。
どうですか!?誰に指示されるでもないのに、
井村シンクロクラブも真っ青の、スピーディかつ美しい
隊形変化。
これは一見の価値がありましたワ。



フォーメーションA              フォーメーションB              フォーメーションC


そして、宿泊した音羽の森。

到着したのが夕方だったので、ほぼ日は暮れておりましたが、
窓の外に海が広がっているというのは、中々いいものですね!
(右の写真は翌朝撮ったものです。)
バルコニー付きのお部屋だと、バルコニーで朝食を食べたりすることも
できるのだそうです。
この季節(1月)じゃなぁと、バルコニーなしのお部屋にしましたが、
気候のいいシーズンなら、それも気持ちいいでしょうね♪



旅の目的はほとんど"食"な、私たち。
ホテルの食事もかなり評判がいいようだったので迷いましたが、そもそも葉山に行くことを決めたのは、
このお店に行きたかったからなのですよね。
ということで、夕食はホテルから2キロほど行ったところにあるマーロウへ。
予約なしで30分ほど待ちましたが、何とか入ることができました!
そして、味・サービス共に、待った甲斐がある内容でした〜〜〜!




焼いただけのしいたけって、美味しいんですね...!
ワタリガニをたっぷり2ハイ使ったパスタ!めっちゃ食べにくい!こっち見てるし!!でもめっちゃ美味しい!!
サービスも一つ一つ丁寧で気持ちの良いもので、わざわざ来る価値のあるお店なのだなぁと思いました。
もちろん、有名なプリンも美味でしたよ!

そして翌朝。

葉山マーケットの朝市に寄って、嘉山農園でイチゴ狩りをしてから葉山を出る予定だったのですが、問題が発生。


朝食が...








            美味しすぎます♪








スープ・オムレツ・ソーセージ...えぇ、私、幸せでしたの♪
ただね、3種も出てきたパンとコンフィチュールが美味しすぎてですね、残すことができなかったんですね。
なので満腹すぎて朝市では何も食べられなかったんです...
といいながら、葉山コロッケは買いに走ったんですがね!

その後苺狩りをして、遅めの初詣にと立ち寄った鎌倉で、今回の旅プランを立てるにあたって相談に乗って下さった
hanaさんと、ばったり出会う!という嬉しいサプライズもあり。

美味しい楽しい休日でございました(*^_^*)

先週の出来事です。

そしてこのあたりから「大人の休日」でもなくなりますが、まぁまぁまぁ…



6時半起床。

夜中にカーリングを見てしまい、熟睡中のダンナを横目に、早速露天風呂へ向かいます。

この時間の女湯は"鹿のぞきの湯"、小さめの寝湯になっています。

ヒノキの木枕に頭をのせて、空を見上げながら浸かります。いい天気です!

夜、星空を眺めながら…も良さそうですね。



お風呂を楽しんだ後は、またまた1Fロビーへ。

7時頃から10時くらいまで、モーニングコーヒーのサービスがあるのです。

(ラウンジでも同様のサービスがありますが、こちらは喫煙です。)

これがまた素晴しい。コーヒーの入ったポットの隣に、温めた蔵王ミルクが用意されているので、カフェオレが楽しめます。

また、コーヒーに浮かべるマシュマロも用意されています。

コーヒーが飲めない人の為に、オレンジとアップルをミックスした、オリジナルのジュースも!

8時にダンナを起こして朝食会場へ。

バイキングなんですが、これもまたあなどれません。

和食はトッピングが沢山用意された朝粥、焼きたての鮭、自家製の薩摩揚げなど。

洋食は焼きたての胡桃とレーズンの丸パン(これ、美味しかったです!)、

見れば新鮮だとわかるグリーンサラダとトマト。

そしてそのトマトを目の前でミキサーにかけて作られる、トマトジュース!

その他にも色々。どれも美味しそうでした!

(写真は廊下にあるギャラリー。昨年出来たものだそうです。)

12時チェックアウトなので、ゆっくりできるのも嬉しい。

再度満腹になったところで私は二度寝、ダンナはお風呂を楽しみ、送迎バスで作並駅へ。



帰りは電車、はなわが「風で止まる〜♪」と歌った仙山線に乗って帰ります。

天気は快晴!限りなく無風。

なのに何故か「列車は15分程遅れております」のアナウンス。さすがですな…。

のんびりのんびり電車に揺られて北仙台で下車。

カナダ戦の勝利ですっかり盛り上がってしまったので、早速「シムソンズ」を観に行くことにしたのです。



仙台フォーラムまでお散歩。ほんと私達、よく歩きます。

でも映画は16時半からなので、まずお昼ごはん!というわけで、まず目指したのは…



ここですよ、ここ。

2月17日オープンだったでしょうか。

大体の場所しか知らなかったのですが、すぐわかりました。すごい行列だったので…

オープンしてすぐなので、仕方ないですが。

待つことが大嫌いなダンナですが、ラーメンだと機嫌良く(何と1時間半!)並びます。不思議。

ようやく味噌ラーメン(750円)に出会えたのは15時半頃。朝ごはんを沢山食べておいて、よかった〜!

さすがに美味しかったです。麺にしっかりスープが絡みます。

待っているうちに空腹がピークになっていたというのもたぶん、ありますが。



店を出て、まだ時間があったので、お茶でも飲もうと、"nivuni CONNU cafe"へ。

紅茶だけのはずが、つい…クレームブリュレ。

器が浅く、広いので、表面のパリパリがたっぷり!美味しかった…!

ブリュレを堪能した後は、2日間で何度目かの「もう食べられない」状態で、

仙台フォーラムへ。

シムソンズ」の感想も読んでくださる方は、こちら



大人の休日といいながら、大人らしからぬ暴飲暴食の2日間でした…





最初から読んでくださる方はこちら

先週の話なんですけどね。



ここのお宿の基本は、1泊0食で、いくつかあるレストランから食事を選ぶスタイルです。

私達は初めてなので、とりあえず宿の名物らしい、大根しゃぶしゃぶが入った

やまぼうしコース」を予約しておきました。

まずは上品に盛り付けられた前菜からスタート。

お造り、お豆腐…と続いて出てきた梅里芋が美味しかった!

そして、やっと大根しゃぶしゃぶ。

大根まるまる1本がぐさっ!と串に刺さってシュラスコ状態で出てきます。

これをピーラーでうす〜く削って鍋の中に投入し、いただきます。

2人に大根1本か…すごいな…しかも面倒くさい人用なのか、篭の下のほうには、すでに削られた大根も入ってました。

まじですか。

でも美味しくて、意外とぺろっと食べられちゃうんですよ♪







な〜んてことは申しません。シャキシャキとして中々イケますが、大根は大根です。1本は無理です!

この後の雑炊もあるしね。でもね〜、一緒に出てきた伊達の赤豚!これは本当に美味しかった〜。



最後はさっぱりデコポンのゼリー。

これも◎。お腹がいっぱいでもするっとはいっちゃいました。

もう動けない…状態で部屋に戻って一休み。

カーリングもカナダに勝って、ダンナは大満足。

お腹が少し落ち着いたところで今度は内風呂へ。広くて快適です。

一の坊は、お部屋に籐のバッグが用意されているので、タオルの持ち運びも便利便利。

気軽に何度も温泉に行く気になれます。

あんなに食べたのに。お風呂あがりって、何故アイスが食べたくなるんでしょう…

自販機でハーゲンダッツのアイスを買ってしまいました。

のんびりテレビを観て早めに就寝。明日も朝から露天風呂に行くんだもんね!

(しかし、ダンナは3時に起きて、カーリング女子 スウェーデン戦を観たらしい…)



まだ何か食べる気なのかしら…と気になった人はこちら!

さて、ホテルへの送迎は作並駅から。

宮城峡蒸留所からの送迎バスはこの時期出ていないらしいので、またまた市バスで駅まで行くか、タクシーでそのままホテルへ。

が、普通の選択肢なのですが、遅めのランチでお腹がいっぱいのところに

アルコールも入って上機嫌な私達は、駅までお散歩することに。

川沿いをてくてく歩きます。ひたすら歩きます。30分くらい歩いたでしょうか。

…結構遠いです…知らない道なので長く感じただけかもしれませんが、

決しておすすめは、しません。

まぁ、こんなこと言わなくても、車ですよね、普通。

ようやく到着した作並駅。

赤い郵便ポストが可愛い♪いまでもあるのですねぇ〜この形。

お迎えのバスはもう来ていて、座席に着いておしぼりをいただき、しばらく休憩。

寒くかったせいもあって、すっかり足がお疲れです。

これは温泉で癒さなくては!

しばらくして電車のお客さんが到着すると、ようやくお宿へ出発。



で、本日のお宿はこちら。



「ゆづくしの宿 一の坊」。一度行ってみたい思っていたところです。

作並温泉は日帰り温泉が十分できる場所なのですが(何といっても市内ですから!)

今回のテーマは、「とにかくゆっくりする」なので、1泊することにしていました。

うわさどおりのきれいなところ。春を演出した桜が華やか。

到着すると、1Fロビーの窓際にある席に座って記帳します。

普段はここでチェックインを済ませるようですが、混んでいた為か、先にお部屋に通していただきます。快適!

お部屋はベッドを置いた和室なので、スリッパじゃないのが心地良い♪



お部屋の冷蔵庫には、わらびもちの様なお菓子が冷やしてあります。

お茶を淹れて、さっそくいただきます。結構美味しい。

しばらくすると、スタッフの方が来てチェックイン。

お風呂、食事処などの説明を受けます。

そして、「よろしかったら♪」とお茶と和菓子のチケットをいただきました。

さっきお部屋でお菓子をいただいたところなんですが…



さっそくいただきに行ってしまいました。

美味しいと思ってしまう自分が憎い。

お茶とお菓子を持って来ていただいた時に、

「17時までやってます♪」と今度は甘酒のチケットをもらう。

実はチェックインの時に、ふろふき大根のサービス券ももらっていたのです。

何か、色んなものがついてくるな…



せっかくもらったので、甘酒をいただきに温泉の方へ向かいます。

甘酒をいれてくれたおじさんは、この宿で唯一愛想がなかった(笑)。

その行き帰りにちょっと探検。渡り廊下の外に、ぽつんと置かれた椅子。

さすがにここに座る人はいないでしょうが、

廊下、コーナースペース、いたるところに椅子が置いてあります。

湯上りに休憩したり、おしゃべりしたりできるようにという配慮なのでしょうね。

館内ではほとんどの方が浴衣姿なのだけど、行儀の悪い私に朗報が!

有料ですが、作務衣のレンタルがあるのです。

早速フロントに借りに行き、お部屋に戻ってタオルなどを準備して、いざ温泉へ!



二つの露天風呂は、時間帯で男女が入れ替わるようになっています。

この時間女湯だったのは、広瀬川源流の露天風呂。

サウナのような蒸し風呂と、120センチの深さ(!)の立ち湯、広瀬川が望める眺望の湯等、4つの露天風呂があって、

けっこう広め。疲れた足をマッサージしつつ、ゆったりつかることができました。極楽〜♪

数年前までは、「温泉に行く時間があったらスキーに行きたい!」と思っていましたが、人間変わるもんですなぁ…

の〜んびりして、ポカポカに温まってお風呂を出る頃には、すっかり日も暮れていました。




こちら、灯りの使い方もまた、粋なのでございます。

温泉を楽しんだ後は、待ってました!夕食です。えぇ、また食べるんです。すいませんね。





この続きの晩御飯レポはこちら


PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

  

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 仙台 2016・夏  お土産とお知らせ
    しまぞう
  • 仙台 2016・夏  お土産とお知らせ
    ワカ
  • 夏の美味しいエトセトラ お土産・いただきもの編
    しまぞう
  • 夏の美味しいエトセトラ お土産・いただきもの編
    ワカ
  • ピタパンサンドとファラフェルサンド
    しまぞう
  • ピタパンサンドとファラフェルサンド
    Plumerian
  • 和倉温泉・金沢の旅 2日目 金沢白鳥路 ホテル山楽
    しまぞう
  • 和倉温泉・金沢の旅 2日目 金沢白鳥路 ホテル山楽
    Plumerian
  • 明けましておめでとうございます
    しまぞう
  • 明けましておめでとうございます
    Plumerian

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM