一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.12.31 Saturday
  • -
  • -
  • 740
  • by スポンサードリンク



8月某日、オットが出張の間に夜遊び(笑)
といっても、渋谷で映画を観ただけなのですが。

ぼくを探しに

鮮やかな色彩の、可愛いお話でした。
全力でハッピーエンドではないところも
フランス映画らしくてよかった(笑)

大きなスクリーンで観たのはフランス映画祭以来でした。
たまにはイイものですね〜^^





JUGEMテーマ:映画

すっかり毎年恒例になった、フランス映画祭に行ってきました。



今年はオープニングではなく、最終日の「Un plan parfait」。
好きな映画ベスト3に間違いなく入っている、「ぼくの大切なともだち」のダニー・ブーンの主演作品が、ご本人と一緒にやってくるとなれば、行かないわけには...!という事で、有給休暇を申請して参戦です!

製作は、一昨年のフランス映画祭で観た「最強のふたり」(面白かった!!!)のチームだそうで、監督はパスカル・ショメイユ。
ハートブレイカー」を撮った方です。
あれもテンポが良く楽しいコメディだったので、ダニーブーンと組めばそりゃあ面白くなるに違いないと思っていましたが、美しいダイアン・クルーガーがあそこまでやってくれるとは...(笑)
主演の2人の世界半周の旅は全て現地ロケなので、その景色も楽しめます♪

邦題は「バツイチは恋のはじまり」に決定。9月ロードショウとの事です。
オススメです^^



上映後のトークショーもさすがフランスの国民的コメディ俳優だけあって、観客からの質問一つ一つに笑いで返してくれました。楽しかった!
今年フランスで公開された、彼の監督作品も大ヒットした(本人談(笑))そうなので、その作品と一緒に来年も来てほしいなぁ。





フランスで歴代興行収入新記録を作った、ダニー・ブーン監督代表作
「Bienvenue chez les Ch’ tis'」。 
フランス人の知人に「絶対面白いから!」と勧められ、パリで探して買ってきて
必死で(笑)観ました。
映像で十分楽しめたのですが、私のフランス語能力ではやはり限界が(-_-;)
この機会に日本でもダニーの名前がもう少し売れて、ロードショウでもDVD発売でも良いので、字幕のついたものが出ればなぁ...と夢見る今日この頃です。


JUGEMテーマ:映画

昨日のフィギュアスケート・グランプリファイナルのショートプログラム。
代々木体育館まで観に行けた人は本当に羨ましい。
勝ち抜いてきた精鋭ばかりの筈なのに、緊張のためかスッテンコロリン選手権になる年もありますが、
今回は本当にレベルが高かった!
特に男子の上位3人の演技は素晴らしかったですよね。
特に特に、高橋選手!これがコーチが変わって、大怪我で1シーズン休んで、復帰後数ヶ月の人だなんて、
誰が信じられるんだと言うくらいの華麗な演技。
テレビの前でも拍手を送らずにはいられなかったです。
前のプログラム、"白鳥の湖・Hiphop バージョン"があまりに斬新で素晴らしかったので、あれ以上はもうないかな
(しかも、もうモロゾフじゃないしな…)、と正直思っていたのですが、今度の"Eye"も全然負けていないです。
昨日だけでも4回観ちゃった。(実は今日もすでに2回観た)
インタビューとか観てると、怪我の前より精神的にも数倍強くなった感じがして、おかーさんは嬉しいよ!(誰)
今日のフリーも期待できそうです。


話は変わって今さらですが、ここ数ヶ月で観た映画の覚え書き。
10月は1度も劇場に足を運ぶことができませんでした。12月はどうかなぁ。
いつ公開かとず〜〜〜っと待っていた、"Il y a longtemp que je t'aime (ずっとあなたを愛してる")が下旬から封切られるのですが、千葉では1月になってからなんですよね。(しかもたぶん、2週間くらいで上映終了だし。)
待つべきか、(銀座まで)行くべきか、今から悩み中。



9月

「ココ・アヴァンシャネル」
オドレイの"はすっぱ"な感じが良かったです。
やっぱりフランス女の役は、フランス女が演じるべきなんでしょうか。
シャネル本人の人柄をあまり存じ上げないもので、"ココ・シャネル"を観た時は気が付かなかったんですが、
両方観て納得。
バルボラ・ボブローヴァのココは、健気な感じが漂い過ぎるんですよ!
なので、シャーリーマクレーンのココといまいち同一人物と言うには、ちょっと違和感があったんですが、
オドレイのココが年をとったら、なるほどこうなりそうな気がする、と。
前言撤回します。"ココ・シャネル"の主演はシャーリー・マクレーンで間違いないです。
いや〜出演時間の問題じゃないんですね!(今更気付くな)

11月

「This is it」
特にファンだったわけじゃなくても、みんな1度はムーンウォークの練習したことあるよね!?
"こーでっしず〜すりら〜"って歌いながら、ゾンビダンス、したよね! (←ワタシ←想像禁止)
そもそも洋楽自体を大して聞かない私でさえこうなんですから、同じ道を目指している人たちの、
マイケルへの憧れがいかほどかは推してはかるべし、ですよね!
冒頭、"(オーディションを)知って2日後にはオーストラリアから飛行機に乗っていたよ!"
と、世界有数のダンサーが彼と仕事がしたくて続々集まってくるんですよ。
その中でさらに選ばれた精鋭がバックダンサーって、凄すぎ・・・。
で、よくよく考えたらその人達ってきっと、20代かせいぜい30代でしょう?
彼らと同じように、いやそれ以上のパフォーマンスを魅せつつ歌うマイケル・ジャクソン、50歳。
アンビリーバボー!
リハーサル映像とはいえ、クオリティの高さは圧倒的で、"映画代、もっと払ってもいい"
という、Plumerianさんの感想にも納得です。
っていいながら、映画の日に1000円で観ちゃったんだけどね!(スミマセン)
マイケルと共に最高のものを!と最大限の努力を惜しまず、作り上げてきたステージが、実現しないと知った時、
ダンサー、ミュージシャン、スタッフの人達の悲しみはどれほどだったでしょうか。
こうして映画やDVDとして軌跡を残せたことは、せめてもの救いになったのでは、と思います。

「幸せはシャンソニア劇場から」
マクサンス・ペランが可愛すぎます♪
しかも楽器がうまくて親思いで、父親の飲み代のツケを、アコーディオン弾いて稼いだお金でこっそり払うという、
もう、息子の鏡のような…!
全体的に温かく楽しい雰囲気の作品で満足なんですが、最後、あの終わり方はあんまりじゃないのか!?と。

「イングロリアル・バスターズ」
そのグロテスクな表現ゆえに、"嫌いじゃないが苦手"なタランティーノ作品。
メラニー・ロラン観たさに足を運んでみたのですが…やっぱりダメでした。(自業自得)
でも、ブラピとメラニーの、あのやりきった感じ(笑)は、嫌いじゃないです!



次こそ北海道ネタの予定でございます♪

SAGAN
レッド・クリフ
バーン・アフター・リーディング
ホルテンさんの初めての冒険
天使と悪魔
サガン
それでも恋するバルセロナ
ハリーポッターと謎のプリンス


「レッド・クリフ供廖,浪甬邉事の通り。

「バーン・アフター・リーディング」
ブラピとジョージクルーニーのバカっぷりがすごかった!
ブラピはあまり好きではないんだけど、このコンビはいいなぁ。
でもこの作品、人にすすめるか?と聞かれると、…ですが。

「ホルテンさんの初めての冒険」
想像していた内容とちょっと違っていました。
だってホルテンさん…あんまり冒険しないんだもの!(笑)

「天使と悪魔」
前作より出来が良かった気がします。
今回は、原作を読んでからかなり経っているのと、そもそもそんなに期待していなかった、
というのもあるんですが。

「サガン」
シルヴィ・テステュがよかった!
彼女の少年のような憂い表情にひかれて観に行ったのですが、本当にハマリ役だったと思います。
「エディット・ピアフ」のモモーヌ役の人だったと、後で知りました。

「それでも恋するバルセロナ」
ウッディ・アレンの作品は、そんなに観ていないのですが、微妙なシーンをナレーションでガッツリカットしたり、
「リアリティ?説得力?ナニソレ?」的に開き直った作風は、大好物です♪
それにしても、ペネロペ・クルスの美しいことと言ったら!!
常々セクスィ〜だと思っていたスカーレット・ヨハンソンも、彼女と並ぶと普通にみえたほど!

「ハリーポッターと謎のプリンス」
お金払ってまでは行きたくないけど、ここまで観ちゃったしな〜と思っていたら、鑑賞券をいただいてしまいました♪
まぁそこそこ楽しめたんですが、すっかり大人のラドクリフくん達が演じる子供達が、何だか不憫でね…。

この中で特に気に入ったのは「サガン」と「それでも恋するバルセロナ」。
来月は結構観たい作品が封切られるので、楽しみです♪


「 レッドクリフ Part機廚面白かったので、
引き続き兇盍僂帽圓辰討ました。
期待を裏切ることなく面白かったです!
小喬の所作の美しさにうっとり。
孔子の奇策は、胸がすくような爽快感です。
金城武、かっこ良すぎですね...。
孫権の妹のエピソードは、いらなかったんじゃないか...?
と思いますが、
そこ以外は本当に、良かった!






PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

  

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 仙台 2016・夏  お土産とお知らせ
    しまぞう
  • 仙台 2016・夏  お土産とお知らせ
    ワカ
  • 夏の美味しいエトセトラ お土産・いただきもの編
    しまぞう
  • 夏の美味しいエトセトラ お土産・いただきもの編
    ワカ
  • ピタパンサンドとファラフェルサンド
    しまぞう
  • ピタパンサンドとファラフェルサンド
    Plumerian
  • 和倉温泉・金沢の旅 2日目 金沢白鳥路 ホテル山楽
    しまぞう
  • 和倉温泉・金沢の旅 2日目 金沢白鳥路 ホテル山楽
    Plumerian
  • 明けましておめでとうございます
    しまぞう
  • 明けましておめでとうございます
    Plumerian

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM