一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.12.31 Saturday
  • -
  • -
  • 740
  • by スポンサードリンク

2日目の朝は、辻口さんのお店でお土産を買ったり、源泉公園を見に行ったり。
(源泉はかなり温度が高いようで、たまごが茹でられていました!)
かの有名な加賀屋さんのお見送り風景を見学したり(笑)
10時のチェックアウト後は、12時過ぎの列車の時間まで街歩きをするつもりでしたが、能登島までいく時間はなく、
温泉街はさほど見る場所があるわけではないので、時間を持て余しました(-_-;)





加えて、強風で列車も遅れ気味になっていましたが、気を取り直して!観光列車、「花嫁のれん号」に乗車です。
車窓からの景色は特に良いわけではないのですが
とにかく車内がキラキラ。

ゆったりした2人席で、加賀屋さんの料理長監修のお弁当をいただきました。


座り心地の良い椅子で、あっという間に金沢に到着です^^
ホテルにチェックイン後は早速兼六園へ。

見事に手入れの行き届いた庭園や

樹齢200年近い根上松の迫力に、母感激。

そしてあまりに広大な敷地に疲労困憊…。

この後は21世紀美術館を見るつもりだったのですが。
足の疲れと有料展示のながーーーーい行列に心が折れて退散することに。
無料エリアをちらっと見ただけでも面白そうだったので、残念ですが。



またいつか来ましょう^^

母をホテルに送り届けた後、夕食までに時間が出来たので、西茶屋町へ急ぎました。
閉店前に滑り込みセーフで甘納豆で有名な「かわむら」さんへ。



以前は甘納豆なんて興味を持ったこともなかったけれど、数年前にとっても美味しいぬれ甘納豆をいただいてから、
がらりと認識が変わってしまい、美味しいと評判のこのお店に是非訪れたいと思っていたのです。
くるみやピールの砂糖漬けも美味しそうで、5種類購入。
全部味わい深かったけれど、特にとら豆の甘納豆はしみじみ美味しかったです。


お昼寝で復活!した母と、夕食はせっかくなので、石川県発祥!の回転寿司を食べようと金沢駅の駅ビルのお店まで
来たのですが、なんと25組待ちで(-_-;)
エキナカのスーパーで、量り売りのお惣菜を買ってホテルで食べることにしました。
これが...実に美味!!!白エビの南蛮漬けサラダ、絶品でした♪
しょうがなくの食事のはずが、まさかの美味しさ!しかもリーズナブル^^
お腹も満たされ、気持ちよく眠りにつくことができました。

JUGEMテーマ:旅行

今年のGWの母との旅先は、和倉温泉・金沢でした。
美味しいものにあふれておりました〜!

まずは新幹線と特急を乗り継いで和倉温泉へ。
さすが有名観光地、駅を出るとお迎えのマイクロバスで一面埋め尽くされており、
到着した宿泊客がそれぞれのバスに吸い込まれていきました。
もちろん私達もその一人。
泊まったのは、和倉温泉 ゆけむりの宿美湾荘です。
マイクロバスから降りると、仲居さんがすぐに迎えに来てくれてフロントへ。
名前を言うと、1分も待たされることなく部屋の鍵を渡されて海の見えるラウンジへ。
そこでお抹茶と和菓子をいただきながらチェックインの手続きとなります。
あまりの手際の良さに感心しました^^
一服し終えたら仲居さんの案内でお部屋に向かいます。
宿の外観は、昔ながらの”大型旅館”という雰囲気なのですが、
今回奮発して予約した、露天風呂付の和洋室はすごく良かった!
まず、湾が一望できる大きな窓。
同じく景色のよい展望風呂(もちろん温泉♪)
私(158cm)は全く問題なかったのですが、母(148cm)には湯船が少し深すぎて顎まで浸かってしまったそうで、湯船の中に少し段差を作ってもらえると良いなぁと思いました。
洗面所は広々、しかもお風呂側とお手洗い側の2か所にあるので、どちらかがお風呂に入っている時でもドライヤーをかけたり歯を磨いたり、気兼ねなくできるのでとっても使い勝手がよかったです。




そして夕食♪
お部屋と同じ階にある専用食事室の「うみ」へ。
窓際のカウンターに席を取りました。

地野菜の中島菜や五郎島金時を使った前菜に始まり、白海老かき揚げなどの天ぷら、
咽黒の柚餡焼き、鮑ステーキなどなど、この土地ならではの食材を使った美しいお料理が続々と。
どれもとても美味しかったです。
ただ、食の細い母の食事を少な目にしていただくようお願いしていたのですが、
前日確認のお電話まで頂いていたにもかかわらず、忘れられていたようで…
私と全て同じ量になっていました。
ごはんとデザートはほとんど食べられず、食後ちょっと苦しそうでしたが、
全て美味しく食べていたので、結果これで良かったかなぁとも思うのですが…。

朝食も盛りだくさんで食べきれませんでしたが、とても美味しくて満足でした。




GWの忙しい中でありながら、フロントも仲居さんも送迎の運転手さんも、にこにこと気持ちの良い対応でした。
お部屋も宿泊した和洋室しかわかりませんが、申し分ない広さと設備でお掃除も行き届いていて、お部屋のお風呂の
泉質もよかったです。
和倉温泉に行くという友人がいれば、間違いなくお勧めできる旅館だと思います^^

JUGEMテーマ:旅行

さて最終日。
朝ごはんを永和豆漿大王でいただき、スーパーで買い出しをするところまでは前日とほぼ同じ。
違ったのは途中ものすごーくコンパクトなIKEAを見かけてびっくりしたことくらいでしょうか。


その後はバスでお茶屋さん、春點‧Spring Pointへ。初めて伺うお店です。
バスを降りてお店の位置を確認しようと地図を広げようとすると、間髪入れずに「何を探しているの?」とロシア帽をかぶったマダムに声をかけられ、お店の名前と住所を見せると、すぐ場所を指し示してくれました。
何だか親切が加速している(笑)。

お店に入ると若い女の子が二人。
明るめの内装の店内に入ると、左手に試飲ができるカウンター、右手に商品が並んだ棚。
奥はカフェスペースになっていて、希望のお茶をマグカップでいただけるようです。
若い方のお店らしく、茶缶も可愛らしいデザイン。新しいパターンです。
カウンターに座って試飲をお願いします。
来店予約しておけば日本語ができる方が対応してくれるようですが、この日は不在で。
LINEの翻訳機能で意思の疎通をはかります。このあたりも今風ですね〜(笑)
たまに???という翻訳結果もあって笑いましたが、ほぼ問題なく好みのタイプを伝え、お茶を試飲&購入することができました。
今風とは言え、お茶はしっかりしたものの様だし、種類も豊富。
初めてでも入りやすい、良いお店だと思いました^^

この後はホテル近くまで戻って、ぶらぶら散歩。
お昼になんとなく入ったお店の酸辣雲吞(だったかな?)が、中々美味しくて満足!



有記名茶の支店で久しぶりに奇種烏龍茶を買ってホテルに戻り、空港に向かいました。

今回のお茶ログは以下の通り。
夏に東方美人と奇種烏龍茶の冷茶を淹れるのが今から楽しみだったりします♪
Pケーキも色々買って、それぞれ美味しいのですが、やっぱり佳徳糕餅が一番好きです^^

有記名茶  
奇種烏龍茶  300g:1200元

張協興茶行
一滴露(鉄観音)高級品     1斤:800元
一滴露(鉄観音)極上品  150g:400元
波羅蜜          150g:500元
鉄観音紅茶ティーバッグ    1袋:100元
一滴露ティーバッグ(20p)   8箱:960元

富宇茶行
四季春 冬片      150g:200元
四季春 清香      300g:300元
東方美人        150g:600元
紅烏龍         150g:600元
阿里山ティーバッグ    1袋:200元
紅玉ティーバッグ       1袋:200元

春點
凍頂烏龍茶      150g:500元
阿里山金萱茶     100g:400元

雄光逸馬堂
阿里山石卓珠露茶   150g:450元(たぶん)

1月沫に行った旅行なのに…たらたら書いているうちに、
気付けば春になっていましたが(^^;)
次の旅行までに書き終えることができてよかったです^^


JUGEMテーマ:旅行

今回泊まったのはホテルエイトゾーン
こちらは…色々評価に迷うホテルでした(^^;
 

まずお部屋はこんな感じ。



写真に撮ると、悪くない感じがするのですが〜色々残念な部分も。
部屋のドアは、非常扉の様なグレーの鉄のドアだし、部屋の所々は塗装が剥がれていたりして。
そして、ものすごーく広いバスルーム。


大きな洗面台とジャグジーは嬉しいのですが、シャワー→洗面台→ジャグジーの順番に配されているので、
ちょっと使いづらい。
シャワーを浴びてからジャグジーに移動するのが大変でした(笑)。
なぜ!?と一番思ったのが、トイレの扉が透明のガラスなのです。
せっかくセパレートタイプで広いのに、1人がトイレに入っている間、他の人は洗面所を使えないのですよ。
清潔で掃除は行き届いているのですが、謎のセンスのせいで微妙な感じ。

アメニティについてはあまり気にしないのですが、バスタオルとウォッシュタオルが各1枚ずつしか用意がないので、ハンドタオルかウォッシュタオル(できれば両方)をもう1枚ずつあると良かったかなぁ。
バスマットも1枚しか用意がありません(繰り返しますが、シャワーとジャグジーが数メートル離れているのです!)
ただ、タオルもバスマットも電話でお願いすればすぐ持ってきてくれます。
(なら、最初から用意されていた方が印象はずっとよくなると思うんですけどね。)

あと、暖房はほぼ効きません。
25度で設定しても、すぐ20度の表示に勝手に変わってしまい、冷たい風が流れてくるので空調は止めていました。
例年なら1月でも暖房は必要ない台湾ですので、これは仕方がないかとは思いますが、せめて掛け布団はもう少し厚手のものか、もう1枚(肌掛布団のようなもの1枚だったので)あると良いなと思います。

色々マイナス面を書きましたが、文句なく良かったのは「人」。
フロントは若い方ばかりでしたが、皆さん感じが良く、お店の予約や場所の確認なども快くしてくれました。
日本語は通じませんでしたが、英語は大丈夫です。
そして、宿泊料金が私が今まで泊まった中で一番良かった、台北商旅慶城館約半額だったことを考えると、全て納得いくレベルです。
実際、オットはかなり気に入っていました。
"泊まりたいホテル"として候補には上がりませんが、ホテル代を節約したい時の選択肢としては、ありだと思います。

JUGEMテーマ:旅行

民権西路まで戻って富宇茶行へ。
お店に入ると前回も接客して下さった女性(おそらくオーナーさんのお母様かと。)が出てきてくれました。
「去年も2人で来たでしょ〜。」と覚えていて下さって嬉しかったです^^
試飲させていただいた後、四季春の清香と冬片、東方美人、紅烏龍、日月譚紅茶と阿里山烏龍茶のティーバッグ、
ヌガーをいただきました。(阿里山のティーバッグはおまけでもいただいたので、職場やヨガスタジオのお友達など、たくさんの方に配ったのですが、どこでもとても好評でした^^)

1度ホテルに戻って荷物を置いてから東門へ。
少し歩いて到着したのは、質の良い材料でPケーキを作っているという手天品社區食坊へ。
職場へのお土産には、ここの胡桃入りのPケーキを。
職場の方の口にも合い、喜んでもらえたので良かったです。


さらに歩いて古亭方面へ。
この日の夕食は、客家料理が食べられる晋江茶堂へ。
趣のありすぎる外観ですが、とても素敵なお店でした。


主菜が選べる定食を注文し、番茄鮮魚煲というトマトベースの小鍋料理や、青菜の炒め物などをいただきました。
お野菜たっぷりでやさしい味のお料理に、スープやデザートもついて2人500元と、お財布にもやさしいです^^
ここはまた来たいなぁ。



夕食にデザートは付いていたのですが。
美味しい豆花が食べたくなり、お散歩してカロリーを消費しつつ東区粉圓へ。
以前来た時よりかなり混んでいましたが、お店を広げて座席数も増えていたので、すぐ座ることができました。
2人で1つ頼むはずが、私はどうしても温かい豆花、オットはお汁粉が食べたいということでどちらも譲らず(^^;
それぞれオーダーすることに。
やっぱり美味しい〜。そして大きな器の豆花を1人前、さらっと完食してしまいました(^^;



帰りがけにホテルから徒歩圏内の華山1914文創園区にあるeasyyogaに立ち寄って。



欲しかったヨガマットを購入(日本の約半額で買えるのです!)。
購入したのはこちら↓
可愛くて軽くて滑らない!今とても気に入って使っています!
 
美味しいものたくさん♪の、大満足な1日となりました。

JUGEMテーマ:旅行


PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

  

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 仙台 2016・夏  お土産とお知らせ
    しまぞう
  • 仙台 2016・夏  お土産とお知らせ
    ワカ
  • 夏の美味しいエトセトラ お土産・いただきもの編
    しまぞう
  • 夏の美味しいエトセトラ お土産・いただきもの編
    ワカ
  • ピタパンサンドとファラフェルサンド
    しまぞう
  • ピタパンサンドとファラフェルサンド
    Plumerian
  • 和倉温泉・金沢の旅 2日目 金沢白鳥路 ホテル山楽
    しまぞう
  • 和倉温泉・金沢の旅 2日目 金沢白鳥路 ホテル山楽
    Plumerian
  • 明けましておめでとうございます
    しまぞう
  • 明けましておめでとうございます
    Plumerian

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM